最新のインカム情報まとめ

インカムの有効範囲について

インカムの有効範囲について インカムはその機種でも有効範囲が違っているので、まずは目的に合わせて選ぶ事になります。
利用するシーン、さらに利用する環境によって、利用者の免許の有無によっても選ぶべきタイプが変わってくるからです。
たとえば、簡単に使いたい、サイズが小さな物を利用したいと言う時は近距離の物を利用する事になります。
この場合、大体有効範囲は500m程度となっています。
また仕事で利用したい場合は中距離タイプを利用する事になりますが、この場合は出力が大きくなるので、免許が必要です。
その際は5km程度でやり取りが可能です。
さらに遠距離に対応している物もあるため、実際の使用するシーンで利用するインカムのタイプを適宜合わせる事が必要となって来るのです。
もちろん、どのタイプでもある程度の距離でのやり取りは可能ですが、実際に利用する環境で電波の届き方等が大きく変わってしまう事もあるので、あくまでもその数字は目安と言う事になります。

インカム(無線機)には近距離や中距離、遠距離で使えるものがあります

インカム(無線機)には近距離や中距離、遠距離で使えるものがあります インカムとは古くは内線通話機のことを意味していましたが、近年は無線機(トランシーバー)にイヤフォンとマイクの付いたヘッドセットを取り付けたものをインカムと呼びます。
以下で説明するのは後者の無線機のインカムについてです。
さて無線機と言えば同じ機種や同じ周波数に合わせられるものがあれば、電波の送受信をすることで交信が出来るものです。
ツーリングなどのレジャーや仕事で使われたり、防災対応の現場でも使われます。
ヘッドセットが付いていれば両手があくので、仕事や災害時でも作業の手を休めることなく利用することが可能です。
ところで電波はどこまでも飛ぶものではないので、近距離や中距離だけでなく、遠距離でも使えるタイプがあります。
近距離は出力が小さく免許不要ですが、中距離になると出力が大きくなるので登録か免許が必要になります。
遠距離では中継局や携帯電話の回線を利用するため免許は不要になります。
距離によって無線機には違いがあります。

新着情報

◎2018/10/31

サイト公開しました

「インカム 範囲」
に関連するツイート
Twitter